世界の絶景とちょこっと手作りアートごと(^_^)

とにかく視覚に訴えるモノに感動するのが趣味です。旅行先の写真やハンドメイドについて書いていきます。

2015年ペルーもやっぱり遠かった①

さて、以前ボリビアに行った記事を書きましたが、その際セットでペルーにも行っていたので、その記事をば(・▽・)

実はまず先にペルーに行ってました。

f:id:sivanyan1:20191002202516j:plain

リマ到着後ホテルに向かうのですが、バスの中で信じられない行程が発表されます。

この後ホテルに着いたら二時間後に出発らしいです。

夜中に到着して早朝前に出発です。

荷物の整理とシャワーで精一杯です。

仮眠すら取れない状態です。

 

へへっ(・▽・)

 

体力ある内に行こうと決めたツアーで正解。

おそらく皆さんが過酷なツアーだということを胸の内に秘めたまま出発。

バスの中で、まぁ少しは眠れるし。

 

f:id:sivanyan1:20191002203009j:plain

さて、向かった先はどこかというと、ナスカです!!

そう、ナスカの地上絵を見ます!!

テレビでしか見たことなかった地上絵をこの目で!!

見る前から既に感動!!

 

だが、しかし・・・

f:id:sivanyan1:20191002203143j:plain

f:id:sivanyan1:20191002203212j:plain

f:id:sivanyan1:20191002203237j:plain

へへっ(・▽・)

へへへっ(・▽・)

何が写っているのかわかんなーい(笑)

 

説明しますと、ほとんどの有名な地上絵は見るのは見れたんです、この目で。

(あ、地上絵ってマイナーなものもあります)

 

だがしかし、ガイドさんの説明によると、パンフレットなどの皆さんが見慣れてる写真は、プロの写真家が特別に低空飛行で撮っているからあれだけ鮮明なのであって、ツアーで一般の人が見るのはもっと高度が上なのだとか。

ガイドさんから「これを目印に、この角度の方を見るとこの地上絵が見れます」的な、すっごく詳しい説明を受けてから搭乗。

 

そしてかろうじて目視できた、という感じです。

 

注意事項:自分の目で地上絵見て、手元のカメラのレンズも覗き込んで・・・と交互にやっているとメッチャ酔うらしいです(笑)

 

もう酔うのが怖くて怖くて(アクロバット飛行だし 笑)、手元のカメラは一切覗かず、勘で撮ってました。

その結果が上の写真です、はい(T_T)

 

ちなみに酔い止め薬を飲んでいない方だったのか、女性がひどく酔ってしまい、その後も観光どころではなかったです、かわいそうに(T_T)

f:id:sivanyan1:20191002204054j:plain

地上絵の写真はアレですけど、食事を取ったレストランは少しはマシに撮れました。

 

f:id:sivanyan1:20191002204232j:plain

お天気良くてなんとなく南米ぽい写真が撮れたかな?

お食事はというと・・・

f:id:sivanyan1:20191002204829j:plain

f:id:sivanyan1:20191002204930j:plain

写真撮るの下手くそなのは、地上絵だけではなかったみたいです。

知ってましたけど。

f:id:sivanyan1:20191002205054j:plain

味は正直あまり記憶にないです・・・。

何年も経ってるせいもありますけど。

 

あ、ペルーとボリビアの旅で一つだけ記憶に残っている食事があります。

f:id:sivanyan1:20191002205314j:plain

↑ こちらボリビア、ウユニ塩湖で泊まったホテルのご飯。

海外の食事ってあまり期待せずに行くのですが(基本安いツアーで行きますし)、手前右側の料理が「肉じゃが」みたいで(笑)、唯一結構おいしかったです。

 

さ!ナスカの下手くそな地上絵・・・失礼!下手くそな写真になってしまった地上絵(笑)を見たあとは、またリマに戻ります(^_^;)

 

移動、移動、また移動。

飛行機酔いの方々も、高山病の方々も、ケロッとしている方々も・・・

皆を引き連れバスは行く。

 

ああ、過酷ツアー(笑)(・▽・)